遺言はいつすれば良い?

Question

Question_person

遺言はいつ用意すれば良いですか?

Answer

Answer_person

遺言は死期が近づいてからするものだと考える人がいますが、これは誤りです。
体は健康でも、認知症になったりして、判断能力がなくなってしまえば、遺言はできなくなってしまいます。

愛する家族のことを考えれば、なるべく早い段階で、まだ元気なうちに、備えとして、遺言をのこしておくべきです。
若いうちから生命保険に加入することに躊躇(ちゅうちょ)を覚える人はいないでしょう。
遺言も生命保険と同じだと考えてください。

一度決めた内容も、途中で変更することは簡単ですから、遺言を残すのが早すぎて困るということはありません。
人間の一生は、いつ何が起こるかわかりません。
いつ何があっても、残された家族が困らないように遺言をのこしておきましょう。
ちなみに,遺言は,満15歳以上になれば,いつでもすることができます。

閉じる
PAGE TOP