相続争い 遺産分割協議

基礎知識

遺産分割とは

解説

相続人が複数いる共同相続の場合に、相続人の共有になっている遺産を相続分に応じて分割して、それぞれの相続人の単独所有となるようにすることをいいます。例えば、遺産が不動産の場合、現物の不動産を等分するか、売却して現金を等分するなどです。

遺産分割の方法は

解説

遺産分割は、お亡くなりになられた方(「被相続人」と言います。)の遺言に分割についての指定があればそれに従います。遺言に分割の指定がなければ、共同相続人の協議によって遺産を分割します。話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所に申立てにすることによって調停を行い、調停がまとまらない場合には、審判によって遺産分割されます。

遺産分割の対象となる財産

解説

遺産分割の対象となる財産は、被相続人の一身に専属するもの(例えば、生活保護を受給する権利などです)や墳墓などを除く、被相続人の財産に属した一切の権利義務が含まれます。
ここで注意すべきなのは預貯金や負債です。預貯金や負債は、可分債権なので、原則として相続発生と同時に法定相続分に従って分割されます。しかし、相続人全員が同意すれば預貯金や負債を遺産分割協議の対象にすることもできます。

相続人とは

解説

  1. ① 第1順位の相続人は、被相続人の子またはその代襲者です。子には、実子はもちろんのこと、養子も含まれます。養子は実の親と養方の親に対して第1順位の相続人になります。
  2. ② また、被相続人の配偶者がいる場合には、必ず相続人になります。配偶者には、内縁の配偶者を含みません。
  3. ③ 第2順位の相続人は、直系尊属です。直系尊属は、第1順位の相続人である直系卑属がいないときに相続人となります。
  4. ④ 第3順位の相続人は、兄弟姉妹です。兄弟姉妹は第1、第2順位の相続人がいないときに相続人となります。