相続争い 遺産分割協議

遺産分割でよくある紛争事例

遺産分割でのトラブル

[事例]相続人の話し合いがまとまらない!
父が死亡しました。相続人は、母と、長男である私(長男)と、長女です。遺言はありませんでした。父の遺産は、父名義の建物と、現金です。母が、父名義の建物に住んでいます。私は、仕事の関係で、まとまった現金が必要です。

解説

この事例の場合、母は、父名義の建物に住み続け、長男は、父の残した現金を受け取りたいという希望があるでしょう。そうすると、遺産のうち、母は、父名義の建物を相続し、長男は、現金を相続することにしたほうが良さそうです。このように遺産分割の方法を、相続人間で話し合いに決めることができれば問題は何もありません

しかし、この事例の場合、長女は、何も貰えないことになり、納得できないと思うでしょう。また、不動産の価格に比べて、現金の金額が少ない場合、長男は、不公平感を感じることになるでしょう(不動産の価格が、現金に比べて少ない場合には、母が、不公平感を感じることになります。)

遺産が、現金のみであれば、平等に三等分とすれば良いのかもしれません。しかし、このように、遺産が、不動産をはじめ、貴金属や株式など、多岐にわたる場合には、相続人の間で、誰が何を相続するのかについて話し合いがまとまらないことが良くあります。また、この事例では、不動産を売却して、すべて現金にして三等分・・・というような分割の方法もあります。しかし、母が父名義の不動産に住んでいる以上、母は、この不動産に住み続けたいと思うでしょう。そうすると、不動産を売却するということ自体が難しい場合もあります。このように遺産の処分のしかたなど、遺産分割の方法についても揉めることがあります

さらに、例えば、母が、生前、父の看病をしていて、医療費などの負担をしたような場合、遺産の三等分ではなく、母は、自分の出費負担を考慮してほしいと考えることになるでしょう。遺産の増加に貢献した者が、多くもらいたいという場合(「寄与分」といいます。)は、問題が生じます。父が、生前、長男に対して、長男名義のマイホーム購入費用を援助していたような場合、遺産の三等分では、母と長女は納得いかないでしょう。このように、被相続人から生前に財産を貰い受けていた相続人は取り分を少なくしたいという場合(「特別受益」といいます。)にも問題は生じます。

  • 弁護士が、他の相続人との話し合いを代わって行います!
  • 弁護士が、お客様にあった遺産分割の方法を提案いたします!
  • 弁護士が、調停や裁判など遺産分割の手続きのご説明をいたします!