相続争い 遺留分減殺請求

費用について

初回のご相談 60分無料
法律相談 30分につき5,000円

着手金

      1. 交渉:20万円
      ※10時間まで。10時間超過以上の交渉については、1時間あたり2万円を別途頂戴します。
      2. 調停・審判:30万円
      ※調停・審判の際に必要な裁判所出廷6回分の日当を含みます。7回目以降の裁判所出廷については、出廷日当として1回あたり3万円を別途頂戴します。
      ※交渉から移行した場合には、追加で20万円を別途頂戴します。
      ※出張の場合には、1日あたり5万円、半日あたり3万円の出張日当を別途頂戴します。
        なお、1日とは移動に往復4時間以上、半日とは移動に往復2時間以上の時間を要する場合をいいます。
      3. 訴訟:30万円
      ※訴訟の際に必要な裁判所出廷6回分の日当を含みます。7回目以降の裁判所出廷については、出廷日当として1回あたり3万円を別途頂戴します。
      ※交渉から移行した場合には、追加で20万円を別途頂戴します。調停・審判から移行した場合には、追加で20万円を別途頂戴します。
      ※第一審手続きまでに限ります。
      ※出張の場合には、1日あたり5万円、半日あたり3万円の出張日当を別途頂戴します。
        なお、1日とは移動に往復4時間以上、半日とは移動に往復2時間以上の時間を要する場合をいいます。

成功報酬金

得られた経済的利益の価額に応じて、以下の金額を報酬金として頂戴します。

得られた経済的利益の価額 報酬金の額
3,000万円以下 16%
3,000万円〜3億円 8%+24万円
3億円~10億円 5%+114万円
10億円以上 3%+714万円
※弁護士費用等の記載は全て別途消費税加算とし、弁護士報酬が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、
改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。