相続財産と相続人の調査

相続とは、相続人が被相続人の財産を引き継ぐことです。したがって、相続が開始された場合の大きな仕事は、相続人調査と相続財産の調査の2本柱が重要になります。

相続人調査

相続人調査

相続人調査とは、被相続人にはどのような相続人がいるかを調査することをいいます。
相続人は自分たちだけだと思っていても、たとえば、被相続人に、前婚の間に子がいた場合、養子縁組をしていた場合、結婚しないで認知だけしている子がいる場合など、戸籍を調べて初めて相続人が判明するケースもあります。
被相続人の相続人を調査して確定する作業を怠ったまま、一部の相続人だけで遺産分割協議をしても無効になってしまいます。また、相続税の申告時に、相続人の数は、相続税の計算に大きな影響を与えます。したがって、相続が発生したら、まずは相続人の調査を行い、相続人を確定する作業をしましょう。

相続人調査の詳細はこちら

相続財産(遺産)を調査しよう

相続財産(遺産)を調査しよう

相続財産調査とは、被相続人が死亡時に保有していた財産を調査することをいいます。
相続財産に関する情報は、相続人らが相続財産を引き継ぐため銀行や証券会社などに資料を提出する準備を行うために重要です。また、遺言の内容を確認したり、または相続人間で遺産分割協議を行う基礎となる重要な情報にあたります。さらには、期限内に相続税の申告をする必要があるか、あるとしてその金額はいくらになるかを判断する基礎となる情報にあたります。
したがって、相続が発生したら、相続財産の調査を行い、相続財産を確認する作業をしましょう。

相続財産(遺産)調査の詳細はこちら

プラスの財産・マイナスの財産

プラスの財産・マイナスの財産

相続財産の中には、プラスになる財産とマイナスになる財産が含まれます。
相続が発生したときには、一番相続財産について詳しいはずの被相続人からその情報について聞き取ることはできませんので、相続人で、プラスの財産として考えられるものマイナスの財産として考えられるものを網羅的に調査する必要があります。
また相続財産の評価方法についても、ご説明いたします。

プラスの財産・マイナスの財産の詳細はこちら

その他の財産と財産でないもの

その他の財産と財産でないもの

祭祀財産、生命保険金、死亡退職金、遺族年金、遺産から生じた果実などについて、弁護士や税理士はよく相談者から「相続財産に含まれるのですか?」と質問を受けます。
相続が発生したとき、相続財産であるかどうか不明なものもあると思います。相続財産に含まれるかどうか迷った際には、まずは弁護士や税理士に相談していただければと思います。

その他の財産と財産でないもの詳細こちら

閉じる
PAGE TOP