弁護士 安達 里美

弁護士 安達 里美

プロフィール

出身 北海道札幌市
略歴 弁護士登録後、東京の法律事務所を振り出しに、徳島の法律事務所を経て、現在のベリーベスト法律事務所で勤務することになりました。
徳島にいた際は、離婚、遺産分割等の家事事件を多数担当し、また、行政事件、医療訴訟等の経験もいたしました。
その他、労働局のあっせん委員として、労働事件のあっせんを取り扱った経験もあります。
プライベートでは子育てに奮闘する母です。

弁護士になった動機

最初は中学生の時に刑事事件の冤罪事件の本を読んで、単純に「かっこいい。」と思っただけでしたが、成長していくにつれ、一生の仕事としてするにふさわしいな、と弁護士を目指すことにしました。

取扱分野

一般民事事件、家事事件、相続事件

仕事をする上で心がけていること

依頼者とのコミュニケーションを大事にすること。
迅速と拙速をはき違えないようにすること。

苦労すること

依頼者のお気持ちは理解できても、実務上なかなか困難な請求をするときに頭を悩ませますが、苦労というよりそこを少しでも上手に裁判所等に伝えることが弁護士の醍醐味と思っています。

うれしいと思うこと

依頼者と共闘でき、それが結果(判決等)に現れたときは、何物にも代えがたい達成感があります。

目指していること

弁護士は依頼者の伴走者であると思いますから、できるだけ良い伴走者になれるように今後も研鑽(けんさん)していきたいと思っています。

ベリーベストについて思うこと

これまでの既成概念にとらわれずにチャレンジすることが許される事務所だと思っています。
さしたる理由もなく慣行となっていることについては、他に合理的な方法があれば変化することを恐れません。