いつまでに相続放棄すれば良い?

相続放棄できるのはたったの3ヶ月!?

相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所にその旨を申述するという方法によって行ないます。通常は、被相続人(故人)が亡くなったときから、3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立をしないといけません。

相続放棄をするかどうかを判断するためには、相続人が相続財産を調査してその内容を把握する必要があります。そこで、相続放棄の熟慮期間は、3ヶ月間とされています。なお、3ヶ月の熟慮期間は、故人の死亡時点から一律に確定するものではありません。例えば、長男のAは被相続人(故人)である父親と同居しており父親の死をすぐに知ることができたが、次男は長年家出をしていて連絡が取れない状態にあったなどの事情があるときは、Aは父親が亡くなったときから熟慮期間が始まりますが、Bについては父親の死を知ったときから熟慮期間が始まります。

とはいえ、3ヶ月というのはあっという間です。人が亡くなると、お通夜、告別式、初七日法要、四十九日法要などとバタバタしますから、気づいたら3ヶ月が過ぎていて、相続放棄ができなくなってしまうこともあります。くれぐれも注意しましょう。

ベリーベスト法律事務所では、ご依頼いただければ、直ちに相続放棄の手続きに着手いたします。専門家である私たちにおまかせください。