遺産分割手続きのスタート

身内が亡くなって相続がはじまると、まず何をしなければなりませんか?

1 相続人調査

まず、相続人が誰かを確定しなければなりません。 通常は問題ないかと思いますが、遺産分割の話し合いに相続人の1人でも参加させないで遺産分割を成立させても無効となりますので注意が必要です。

例えば、いわゆる隠し子がいて認知されている場合などに問題になります。また、相続人が持分を第三者に譲り渡したときなどは、その第三者も遺産分割協議に参加させなければなりません。

2 遺産調査・相続財産目録作成

どこまでが被相続人(故人)の遺産なのかを確定し、その評価額を調べなければなりません。

1)遺産評価の基準時はいつ?

→相続税は、相続開始日を基準時として税額を計算しますが、遺産分割のための遺産評価の基準日は、それを分けるとき、すなわち分割時であると考えられています。

2)遺産の評価方法は?

→評価が問題になるのは主に不動産です。不動産については、遺産分割の協議の段階では実際の取引の売買価格を不動産業者から聞く方法が一般的ですが、正式な評価となれば不動産鑑定士に鑑定を依頼することになります。

ベリーベスト法律事務所では、信頼できる不動産業者や不動産鑑定士とも連携を図り迅速な遺産分割を行なっておりますので遺産の評価に争いがある方は、一度ご相談ください。

3 ケース別遺産分割の方法

相続人と遺産の範囲が確定し、いざ遺産分割をすると決まったら、どうやって分けることになるのでしょうか。財産の種類ごとに、遺産分割方法について解説します。

【現金の遺産分割】

遺産のうちの現金は、相続分に応じて当然に分割されるわけではないので、遺産分割の手続が必要です。したがって、遺産分割協議が成立するまでは、その保管者に対して、相続分に応じた支払いを請求することはできません。

【預貯金の遺産分割】

裁判例によれば、預金債権は、相続により当然分割され、法定相続分に応じて権利を取得します。しかし、実際のところ、預金払い戻しの銀行実務では相続人全員の承諾書が要求されています。

【生命保険金の遺産分割】

被相続人(故人)が亡くなったとき、受取人は保険金請求権を取得します。この生命保険金は被相続人(故人)の遺産ではなく、受取人の固有の財産であると考えられていますので、原則として遺産分割の対象とはなりません。