二次相続に気をつけて!

自分だけ相続放棄すれば安心なのではありません。ほかの相続人が借金を背負う羽目になるかもしれないので、よく注意しましょう!

例えば、Xが死亡してA、F及びIがいる場合に、A(子)が相続放棄をすると、直系尊属であるF(親)が相続人になり(二次相続)、さらにFも相続放棄をすると兄弟姉妹であるI(兄)が相続人になります(三次相続)。

そして、Xに借金がある場合に、AがFやIに知らせずに相続放棄をしてしまうとFやIは知らないうちにXの借金を被ってしまうおそれがあります。

ですから、Xに借金があるためにAが相続放棄をしようとする場合には、FやIに知らせて相続人全員がそろって相続放棄をするように気をつけてください。

img_houki_setsumei_01