遺産分割でのトラブルの原因

1 遺産の範囲についての争い

(1)ある財産が、被相続人の遺産であるのか、被相続人以外の固有の財産であるのかの争いがある場合

→遺産分割後の地位を安定したものにするためには、ある財産が遺産に含まれることの確認を求める民事訴訟を提起して、その判断がでてから遺産分割協議を始めるのがよいでしょう。

(2)遺産の全体像が不明確な場合(明らかになっている遺産以外に遺産が存在する可能性がある場合)

→一部分割を行うことも可能ですので、将来において新たに遺産に含まれる財産が発見された時は、その分についてあらためて分割をするという留保をつけて、一部のみの分割協議を進めるのがよいでしょう。

2 遺産分割協議後に新たな遺産が出てきた場合

→前述のとおり、一部分割も有効であると認められていますので、すでに成立している遺産分割は有効で、新たに発見された遺産のみについてあらためて相続人間で分割協議をして分割すればよいというのが原則です。

もっとも、協議の中で脱落していた遺産や新たに発見された遺産が一部の相続人によって故意に隠匿されたものであったり、遺産全体の中で大きな割合を占める財産価値を有している場合には、遺産分割をする上で重要な部分に錯誤があったことになるので相続人としては、遺産分割の無効を主張する余地があります。

遺産分割におけるトラブルを事前に予防するには

遺言の活用:あらかじめ被相続人(故人)が遺言で遺産分割の方法などを示しておけば紛争になりにくくなるでしょう。