法定相続人は誰?

1 子どもがいる場合
配偶者及び子が相続人になります。配偶者がいない場合には子だけが相続人になります。子に関しては、非嫡出子(婚姻関係にない男女間の子)や養子も含まれます。また、相続の場合には、胎児も生まれたものとして扱われます。
この場合の相続分は、配偶者が2分の1で残りを子の人数で分けます。配偶者がいない場合には、子の人数で分けます。
現行法では、非嫡出子(婚姻関係にない男女間の子)は、相続分が嫡出子の半分と法律上規定されています。
例:Y、A、B及びCがいる場合
相続分は、Yが2分の1、A及びBがそれぞれ5分の1、Cが10分の1となります。

img_setsumei_01

2 子供がいなくて、親がいる場合
配偶者及び親が相続人になります。配偶者がいない場合には親だけが相続人になります。
この場合の相続分は、配偶者が3分の2で残りを両親で分けることになります。配偶者がいない場合には、両親がご存命なら半分ずつ、片親なら単独で相続します。
例:Y、F及びGだけがいる場合
相続分は、Yが3分の2、F及びGがそれぞれ6分の1となります。

img_setsumei_02

3 子供も親もいなくて兄弟姉妹がいる場合
配偶者及び兄弟姉妹が相続人となります。配偶者がいない場合には兄弟姉妹だけが相続人になります。兄弟姉妹に関しては、他の相続人の場合と異なり後述する遺留分がないというのが特徴です。すなわち、例えば、Y、H及びIのみがいる場合にYのみに全てを相続させるという遺言も有効です。(Yは、H又はIから遺留分減殺請求を受ける心配はありません。)
この場合の相続分は、配偶者が4分の3で残りを兄弟姉妹の人数で分けます。配偶者がいない場合には、兄弟姉妹の人数で分けます。
例:Y、H及びIのみがいる場合
相続分は、Yが4分の3、H及びIがそれぞれ8分の1となります。
img_setsumei_03

また、兄弟姉妹が異父母兄弟の場合は、そうでない場合の半分と法律上規定されています。
例:Y、H、I及びJのみがいる場合
相続分は、Yが4分の3、H及びIがそれぞれ10分の1、Jが20分の1となります。

img_setsumei_04

4 その他
例えば、被相続人(故人)の子供が先に亡くなって孫がいる場合には、孫が代わって相続する代襲相続という制度もあります。
例:Y、A、D及びEがいる場合
相続分は、Yが2分の1、Aが4分の1、D及びEがそれぞれ8分の1となります。

img_setsumei_05

例:Y、A、D(XとBが養子縁組前の子)及びE(XとBが養子縁組後の子)
相続分は、Yが2分の1、Aが4分の1、Dがゼロ、Eが4分の1となります。