遺産相続について

 
 遺留分って何?

一定の相続人の生活を最小限度確保するための権利として、法律上必ず留保すべき相続財産が認められており、これを遺留分といいます。 例:相続人がY及びA、Bの場合に、故人Xが遺言で全財産をAに相続させると記...

 
 寄与分って何?

共同相続人のうちで、被相続人(故人)の事業を手伝っていたり、あるいは被相続人(故人)に対して財産的な援助や、療養看護その他の方法により、被相続人(故人)の財産の維持または増加について、特別の寄与をした...

 
 特別受益って何?

1 特別受益の計算方法 共同相続人が被相続人(故人)から特別に生前贈与などを受けていた場合、その利益を特別受益といいます。特別受益がある場合には、まず、遺産に特別受益を加算して、みなし遺産を算出し、み...

 
 遺産分割とは?

1 遺産分割とは 遺産を共同相続人で分割し、各自が個別に財産を取得する手続をいいます。要するに遺産を相続人で分けることです。 2 遺産分割の種類 現物をそのまま分ける「現物分割」、遺産を売って分けると...

 
 借金も相続される?

資産のみならず借金も相続の対象になりますので、資産より借金の額のほうが多い場合には、後述する相続放棄をすることをおすすめします。 ■3つの相続方法 1 単純承認 被相続人(故人)の権利義務(資産も借金...

 
 法定相続人は誰?

1 子どもがいる場合 配偶者及び子が相続人になります。配偶者がいない場合には子だけが相続人になります。子に関しては、非嫡出子(婚姻関係にない男女間の子)や養子も含まれます。また、相続の場合には、胎児も...