相続放棄・限定承認

相談事例

母が多額の借金を残して亡くなりました

Q

先日、母が死亡したのですが、カードローンをはじめ多額の借金を残して死亡したことが発覚しました。借入先から返済の催促が来ましたが、私にはとても返済できる額ではありません。私が返済しなくてはいけないでしょうか?

A

相続放棄という手続きをとることによって返済する必要がなくなります。

解説

被相続人が死亡した場合、相続人には、相続財産の一切が引き継がれます。
この相続財産には、預金などのプラスの財産のほか、借金などのマイナスの財産も含まれます。
そうすると、借金についても相続人に引き継がれるのが原則ですが、相続したくない場合には、「相続の放棄」という手続きをとることによって、借金を引き継がないことができます。
相続の放棄とは、文字どおり相続人としての地位から離脱すること、つまり相続の発生によって本来相続人に発生する相続の効果について自分への帰属を一切拒否する意思表示のことをいいます。

具体的には、被相続人が生前の住んでいた場所の家庭裁判所で、相続を放棄する旨を述べることになります。
この相続放棄の手続きは、相続が開始したことを知った日から3カ月以内に行う必要があります。